コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

競争優位の戦略 きょうそうゆういのせんりゃく

1件 の用語解説(競争優位の戦略の意味・用語解説を検索)

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

競争優位の戦略

マイケル・E・ポーターが提唱した競争優位を創出するための3つの基本戦略をいう。また、1985年に出版されたポーターの書籍名。 競争優位を創出するには、まず競争相手よりコストを下げるか、競争相手以上の付加価値を提供するかという2つの方策がある。前者は「コスト・リーダーシップ戦略」となり、後者は競争相手との差をつくる意味で「差別化戦略」となる。これらは競争する市場の範囲を広くとらえた場合の戦略であるが、さらに競争範囲を狭く限定することで、その市場において競争相手より優位性を創出することができるとし、これが「集中戦略」となる。 なお、「集中戦略」は、範囲を狭く設定したのち、低コストを指向するか差別化を指向するかで「コスト集中戦略」と「差別化集中戦略」に区分される。

出典|ナビゲート
Copyright (C) 1999 - 2010 Navigate, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

競争優位の戦略の関連キーワード競争戦略競争優位eビジネスアクション・プログラム持続的競争優位5F(5つの力)ポーターの3つの基本戦略ポーター、マイケル競争優位期間

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

競争優位の戦略の関連情報