コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

競取り・糶取り・背取り せどり

1件 の用語解説(競取り・糶取り・背取りの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

せどり【競取り・糶取り・背取り】

〔動詞「せどる」の連用形から〕
売買の仲介をして手数料を取ること。また、その人。
〔本の背表紙を見て本を選ぶことから「背取り」とも〕 古書業界の用語で、掘り出しものを見つけて安く購入し、他の古書店に高く転売すること。また、その業者。転じて、書籍・雑誌を古書店などから購入し、オークションなどを利用して買値より高く売って儲もうけることなどにもいう。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone