コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

競輪場外車券売り場の設置

1件 の用語解説(競輪場外車券売り場の設置の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

競輪場外車券売り場の設置

競輪場以外で車券を発売する施設で、サテライトとも呼ばれる。場外車券売り場を設置するためには、自転車競技法に基づき、経済産業大臣の許可が必要になる。事業者が設置許可を申請する場合、地元の了解を得られているかが重要だ。経産省は、各地方経済産業局に「町内会または地方自治体の長の同意を得ていること」という内容の通達を出している。金沢市大徳地区のケースでは、業者が市長の私印と署名入りの文書を提出したが、許可は下りなかった。経産省によると、私印では公文書と認められず、十分な同意を得たことにはならないという。省令の改正で昨年4月から、設置許可の申請先は経産省から各地の経済産業局になった。

(2014-09-11 朝日新聞 朝刊 石川全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

競輪場外車券売り場の設置の関連キーワード核燃料サイクル施設朝日新聞社杯競輪祭OSAKA海遊きっぷジャン太たけ丸ゆー坊競輪の場外車券場岐阜市の競輪事業矢板の場外車券場を巡る損害賠償訴訟前売窓口 (advance selling betting window)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

競輪場外車券売り場の設置の関連情報