竹中工務店[株](読み)たけなかこうむてん

百科事典マイペディアの解説

竹中工務店[株]【たけなかこうむてん】

非上場の老舗ゼネコン。1610年織田家の普請奉行だった竹中藤兵衛正高が,名古屋で創業。1899年14代竹中藤右衛門が神戸に進出。1909年竹中工務店を設立。1937年株式会社に改組。建築では業界トップ。1958年東京タワー施工。売上高に占める土木の割合が際立って低く,公共工事比率も低い。設計施工一貫方式にこだわり,全受注の約80%が特命受注。近年では東京ドーム,福岡ドーム,ナゴヤドーム等のドーム・スタジアム建築および六本木ヒルズ,汐留シオサイト,なんばパークスなどの再開発で著名。環境対応にも力を入れる。本社大阪。2011年資本金500億円,2011年度売上高9766億円。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たけなかこうむてん【竹中工務店[株]】

建設大手5社の一つ。建築専業といってよいほど建築部門の比重が高い。非上場。本社大阪市東区。同社の起源は,織田信長の普請奉行を務めていた竹中藤兵衛正高が,織田氏滅亡後社寺の造営を業としたことに始まるといわれる。1610年(慶長15)の名古屋開府により竹中家は本拠地清洲より名古屋に移し,神社仏閣の造営を主業とした。明治に入り洋風建築の新分野にいち早く着目,民間工事に専念する独自の路線で飛躍する。1899年14代竹中藤右衛門は関西進出を決意して神戸に支店を設け,この年を同社の創立の年とした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報