竹岡 信幸(読み)タケオカ ノブユキ

20世紀日本人名事典の解説

竹岡 信幸
タケオカ ノブユキ

昭和期の作曲家



生年
明治40(1907)年7月31日

没年
昭和60(1985)年9月9日

出生地
神奈川県

学歴〔年〕
明治大学商学部〔昭和8年〕卒

主な受賞名〔年〕
勲四等瑞宝章〔昭和59年〕,日本レコード大賞特別功労賞〔昭和59年〕

経歴
昭和2年、明治大学マンドリンクラブで故古賀政男に師事、卒業後の昭和8年、東海林太郎の「城ヶ島夜曲」で作曲家としてデビュー。13年に「赤城の子守唄」(歌・東海林太郎)、「支那の夜」(歌・渡辺はま子)など、戦前に次々にヒット曲を作った。戦後の代表作には「東京の人さようなら」(歌・島倉千代子)。コロムビアレコードの専属で生涯の作曲数は約2千曲。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android