竹本 津太夫(4代目)(読み)タケモト ツダユウ

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

竹本 津太夫(4代目)
タケモト ツダユウ


職業
義太夫節太夫(文楽)

専門
人形浄瑠璃

肩書
文楽協会技芸員 重要無形文化財保持者(人形浄瑠璃文楽・太夫)〔昭和48年〕

本名
村上 多津二(ムラカミ タツジ)

別名
前名=竹本 津の子太夫,竹本 浜太夫(5代目)

生年月日
大正5年 5月14日

出生地
大阪府 大阪市

経歴
大正13年父・3代目竹本津太夫に師事し、津の子太夫と名乗る。昭和7年初舞台。12〜15年応召。16年5代目竹本浜太夫を襲名。同年〜17年再召集。18年2代目豊竹古靱太夫(豊竹山城少掾)の門下となる。25年4代目竹本津太夫襲名。6代目鶴沢寛治と相三味線をくみ、37年切場語りとなる。48年人間国宝に認定される。56年春から相三味線に竹沢団七が決まる。時代物を得意とし、豪快な語り口に定評があった。代表曲に「御所桜堀川夜討・弁慶上使の段」「ひらかな盛衰記・松右衛門内・逆櫓の段」「一谷嫩軍記・熊谷陣屋の段」「花上野誉碑・志渡津の段」「妹背山婦女庭訓・入鹿御殿の段」「伊賀越道中双六・沼津の段」「摂州合邦辻・合邦住家の段」など。芸談に「文楽三代―竹本津太夫聞書」「四世津太夫芸話」がある。

受賞
紫綬褒章〔昭和51年〕,勲四等旭日小綬章〔昭和61年〕 芸術祭賞(奨励賞)〔昭和38年〕,名古屋演劇ペンクラブ年間賞〔昭和43年〕,大阪文化祭賞(金賞)〔昭和46年〕,上方芸能人顕彰〔昭和54年〕,大阪芸術賞〔昭和56年〕,芸能功労者表彰〔昭和62年〕,国立劇場文楽賞(特別賞 昭62年度)〔昭和63年〕

没年月日
昭和62年 9月29日 (1987年)

家族
父=竹本 津太夫(3代目),長男=竹本 緑太夫

親族
岳父=鶴沢 寛治(6代目)

伝記
文楽 二十世紀後期の輝き―劇評と文楽考人の情けの盃を文楽の音楽〈第2部〉 文楽浄瑠璃 陣屋・鮓屋 内山 美樹子 著山川 静夫 著竹本 津大夫,津大夫を囲む研究会 著(発行元 早稲田大学出版部淡交社白水社 ’10’86’86発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報