竹本 素昇(読み)タケモト ソショウ

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

竹本 素昇
タケモト ソショウ


職業
女義太夫節太夫(東都女流)

専門
義太夫節

本名
小俣 こう(オマタ コウ)

出身地
山梨県

経歴
明治末期から娘義太夫で人気随一の語り手として活躍。吾妻カブキの渡米などで日本の古典芸能が世界各国から再認識されている中、昭和31年にアメリカに渡り、シアトル、ロサンゼルスなどで邦人一世、二世や米人志望者を相手に義太夫教室を開催、文楽の普及に努めた。41年ノドにできたポリープの摘出手術後第一線から身を引き、郷里の下田市で昔の弟子たちに時々教えていたが、80歳を過ぎた頃完全に引退。

没年月日
平成1年 10月11日 (1989年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android