コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹本土佐太夫(初代) たけもと とさたゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竹本土佐太夫(初代) たけもと-とさたゆう

?-? 江戸時代中期の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
義太夫節。2代竹本政太夫(まさたゆう)の門人で,はじめ房太夫。寛延のころ土佐太夫を名のり,京都で活躍。明和2年(1765)師の没したあと,3代政太夫襲名をめぐって江戸在勤中の初代竹本中太夫,大坂の初代竹本染太夫とあらそうが,中太夫にゆずった。のち前名房太夫にもどった。通称は大和屋久兵衛。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

竹本土佐太夫(初代)の関連キーワード義太夫節浄瑠璃るり

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android