コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹本土佐太夫(初代) たけもと とさたゆう

1件 の用語解説(竹本土佐太夫(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竹本土佐太夫(初代) たけもと-とさたゆう

?-? 江戸時代中期の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
義太夫節。2代竹本政太夫(まさたゆう)の門人で,はじめ房太夫。寛延のころ土佐太夫を名のり,京都で活躍。明和2年(1765)師の没したあと,3代政太夫襲名をめぐって江戸在勤中の初代竹本中太夫,大坂の初代竹本染太夫とあらそうが,中太夫にゆずった。のち前名房太夫にもどった。通称は大和屋久兵衛

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

竹本土佐太夫(初代)の関連キーワード素浄瑠璃吾妻浄瑠璃女浄瑠璃寄進浄瑠璃時代浄瑠璃浄瑠璃看板世話浄瑠璃難波浄瑠璃床浄瑠璃竹本播磨少掾(2代)

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone