コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹本播磨少掾(初代) たけもと はりまのしょうじょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竹本播磨少掾(初代) たけもと-はりまのしょうじょう

1691-1744 江戸時代中期の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
元禄(げんろく)4年生まれ。義太夫節竹本義太夫に入門,若竹政太夫(まさたゆう)の名で豊竹座に,和歌竹政太夫の名で竹本座に出演。正徳(しょうとく)4年竹本政太夫に改名,享保(きょうほう)19年2代竹本義太夫を襲名,元文2年播磨少掾を受領(ずりょう)した。小音悪声であったが,作品をふかく理解し,浄瑠璃中興の祖といわれる。延享元年7月25日死去。54歳。大坂出身。姓は小原。通称は中紅屋(なかもみや)長右衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

竹本播磨少掾(初代)の関連キーワード延享カルナータカ戦争インノケンチウス12世オレンジ結社越後屋ヨーハン・ゲオルク3世竹本義太夫宇治田忠郷鳥居円秋竹本播磨少掾

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android