コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹本春太夫(5代) たけもと はるたゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竹本春太夫(5代) たけもと-はるたゆう

1808-1877 江戸後期-明治時代の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
文化5年生まれ。義太夫節。4代竹本氏太夫の弟子で,さの太夫を名のり,天保(てんぽう)5年江戸にいき,文字太夫と改名。13年大坂にもどって4代春太夫の養子となり,14年5代を襲名した。明治5年文楽座の櫓下(やぐらした)となった。明治10年2月15日死去。70歳。和泉(いずみ)(大阪府)出身。本名は長原弥三郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

竹本春太夫(5代)

没年:明治10.7.25(1877)
生年:文化5(1808)
幕末明治期の義太夫節の太夫。本名長原弥三郎。泉州堺の生まれ。4代目竹本氏太夫の門弟。初名さの太夫,のち文字太夫。天保13(1842)年4代目春太夫の養子となって5代目を相続,「摂州合邦辻」の「合邦庵室の段」で披露した。明治5(1872)年文楽座が博労町から松島へ移転したとき,4代目紋下となる。天性の美音で硬軟強弱を自由自在に語り,古流浄瑠璃最後の名人といわれた。門下から巣立ったのが,明治浄瑠璃界の双璧とうたわれた竹本摂津大掾竹本大隅太夫。<参考文献>郭外「竹本春太夫」(『小天地』1903年1月号)

(倉田喜弘)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

竹本春太夫(5代)の関連キーワード竹本 むら太夫(8代目)竹本 大隅太夫(3代目)豊竹 時太夫(6代目)豊竹 岡太夫(5代目)竹本大隅太夫(3代)竹本 東玉(1代目)竹本春太夫(5世)野沢吉兵衛(3代)竹本 東玉(初代)竹本組太夫(5代)竹本咲太夫(3代)竹本筆太夫(初代)野沢吉兵衛(4代)吉田玉造(1世)豊沢団平(2世)竹本 摂津大掾竹本越路太夫奥州安達原野沢吉兵衛豊沢団平

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android