コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹本津大夫(4世) たけもとつだゆう[よんせい]

1件 の用語解説(竹本津大夫(4世)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

竹本津大夫(4世)
たけもとつだゆう[よんせい]

[生]1916.5.14. 大阪
[没]1987.9.29. 大阪
義太夫節の太夫。本名村上多津二。3世竹本津太夫の子。竹本津の子太夫,5世竹本浜太夫を経て,1950年 4世を襲名。父の没後 2世豊竹古靭太夫にも師事。6世鶴沢寛治相三味線とした。1973年重要無形文化財保持者人間国宝)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

竹本津大夫(4世)の関連キーワード度量衡任意出頭被疑者憲政会アロー号ブロッホ歴史小説新興市場燃料棒レジ袋有料化

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone