竹本綱太夫(初代)(読み)たけもと つなたゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竹本綱太夫(初代) たけもと-つなたゆう

?-1776 江戸時代中期の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
義太夫節。2代竹本政太夫(まさたゆう)の門人で,宝暦11年竹本座で初舞台世話物を得意とした。安永5年10月13日死去。通称は平野屋嘉助,新ろうじ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android