コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹本綱太夫(3代) たけもと つなたゆう

2件 の用語解説(竹本綱太夫(3代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竹本綱太夫(3代) たけもと-つなたゆう

?-? 江戸時代後期の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
義太夫節。2代の門人で,浜太夫,紋太夫をへて文化4年(1807)3代を襲名。芸風をあやめ風といい,「酒屋」「阿漕(あこぎ)」などを得意とした。京都出身。通称は飴屋万吉,飴屋の綱太夫。号は三綱翁(さんこうおう)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

竹本綱太夫(3代)

生年:生没年不詳
化政期(1804~30)に活躍した義太夫節の太夫。京都の人で,通称飴屋綱太夫。2代目竹本綱太夫の門弟。文化4(1807)年に紋太夫改め3代目綱太夫襲名。文政・天保期(1818~44)には紋下(技芸の統率者)として活躍。天保5(1834)年には,むら太夫に4代目を譲り引退,三綱翁と名乗る。時代と世話の語り分け,音のにじり方が独特で,派手に聞かせたという。「勢州阿漕浦」の「平治住家の段」にその特色が残るといわれる。「艶容女舞衣」の「酒屋の段」の半兵衛の咳に工夫を加えたのは,文化5年といういい伝えがあり,今も伝承される。名跡は昭和期の8代におよび,8代目は人間国宝

(高木浩志)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

竹本綱太夫(3代)の関連キーワード義太夫節娘義太夫女義太夫義太義太夫語り義太夫狂言義太夫三味線義太夫本竹本京枝鶴沢清七(初代)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone