コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹本越路大夫(4代) たけもと こしじだゆう

1件 の用語解説(竹本越路大夫(4代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竹本越路大夫(4代) たけもと-こしじだゆう

1913-2002 昭和時代の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
大正2年1月4日生まれ。義太夫節。2代豊竹古靱太夫(こうつぼだゆう)(のち豊竹山城少掾)に入門。大正15年初舞台。昭和16年3代豊竹つばめ太夫,41年4代竹本越路大夫を襲名。46年人間国宝,59年芸術院会員。平成2年文化功労者。平成14年6月24日死去。89歳。大阪出身。本名は小出清。初名は豊竹小松太夫。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

竹本越路大夫(4代)の関連キーワード科学技術ムン ソリデトリングバルカン戦争光の科学史現職教育国民宿舎島うたロナウド南米サッカー

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone