コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹本錦太夫(初代) たけもと にしきだゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竹本錦太夫(初代) たけもと-にしきだゆう

?-? 江戸時代中期の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
義太夫節。初代竹本播磨少掾(はりまのしょうじょう)に入門したが,悪声竹本座の出演をゆるされず,元文2年(1737)豊竹和佐太夫の名で豊竹座に出演。播磨少掾の没後,竹本錦太夫と改名して竹本座に出演,「楠昔噺(くすのきむかしばなし)」の「どんぶりこ」の段で大当たりをとった。通称は綿屋武兵衛。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

竹本錦太夫(初代)の関連キーワード義太夫節浄瑠璃