竹本長門太夫(4代)(読み)たけもと ながとだゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竹本長門太夫(4代) たけもと-ながとだゆう

1814-1890 江戸後期-明治時代の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
文化11年生まれ。3代竹本長門太夫(おい)。義太夫節。前名は実太夫。明治11年文楽座の櫓下(やぐらした)となり,16年4代を襲名浄瑠璃の故実研究にすぐれ,「増補浄瑠璃大系図」をあらわした。明治23年10月23日死去。77歳。大坂出身。長登太夫ともかく。通称は九軒の長門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android