コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹沢弥七(初代) たけざわ やしち

1件 の用語解説(竹沢弥七(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竹沢弥七(初代) たけざわ-やしち

?-1754 江戸時代中期の浄瑠璃(じょうるり)三味線方。
大坂の人。初代竹沢藤四郎の門弟。はじめ竹本座でワキをつとめる。延享2年(1745)から明石越後(えちご)座,陸竹小和泉座で三味線筆頭として出演。いちじ豊竹座にうつったが,寛延元年の「忠臣蔵」騒動で竹本座にもどった。宝暦4年6月17日死去。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

竹沢弥七(初代)の関連キーワード長沢芦雪(ろせつ)熊川呉敬梓コロンビア大学周期表森羅万象菅江真澄頭光日暮硯ホルベア

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone