コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹篦・竹箆 しっぺ

大辞林 第三版の解説

しっぺ【竹篦・竹箆】

「しっぺい(竹篦)」の転。

しっぺい【竹篦・竹箆】

禅宗で、修行者を打っていましめるのに使う具。割った竹に漆を塗った細長い板のような形のものが多い。
人差し指と中指をそろえて相手の手首のあたりを打つこと。しっぺ。

たけべら【竹篦・竹箆】

竹を削って作った篦。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

竹篦・竹箆の関連キーワードしっぺい修行者手首中指禅宗竹篦

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android