コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竿・棹 さお

1件 の用語解説(竿・棹の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

さお【竿・棹】

[2] ( 名 )
枝葉を取り去って作った竹の細長い棒。 「物干し-」 「旗-」
舟をこぐ道具。岸辺や水底につっぱって舟を進ませるための長い棒。 《棹》 「 -を差す」
釣り竿。 「 -を磨く」 「のべ-」
三味線の胴から上の、糸を張る長い柄。また、三味線。 《棹》 → 三味線
がんが一列になって飛ぶさま。
陰茎を俗にいう語。
( 接尾 )
助数詞。
竿に付けた旗を数えるのに用いる。 「大漁旗二-」
簞笥たんす・長持などを数えるのに用いる。 「 簞笥二-」
羊羹ようかんやそれに類した細長い菓子などを数えるのに用いる。 「羊羹二-」
竿に干した洗濯物などを数えるのに用いる。 「洗濯物三-」
江戸時代、金座で竿金さおがねを数えるのに用いる。
[句項目]

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone