コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笑福亭松鶴(6世) しょうふくていしょかく[ろくせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

笑福亭松鶴(6世)
しょうふくていしょかく[ろくせい]

[生]1918.8.17. 大阪
[没]1986.9.5. 大阪
落語家。本名竹内日出男。5世笑福亭松鶴の二男。母方の祖父は 6世林家正楽。丁稚奉公に出るが徴兵検査を機に辞め 26歳まで放蕩をして暮らす。1944年頃父のマネージャーとして慰問団の番組づくりや,ときには前座で高座に上がったりもした。1947年父に入門し,笑福亭松之助として正式に初高座。1948年 3世笑福亭光鶴,1953年 4世笑福亭枝鶴を経て,1962年 6世笑福亭松鶴を襲名。戦後滅亡の危機にあった上方落語復興に尽力,3世桂米朝,3世桂春団治,5世桂文枝とともに戦後上方落語四天王と呼ばれる。1968~77年上方落語協会会長を務め,その間,1972年に島之内教会で月 5日の落語寄席(島之内寄席)を開催した。得意ネタは『らくだ』『一人酒盛』『高津の富』など。角座漫才や音楽ショーの間に『相撲風景』などで爆笑をとった。テレビドラマどてらい男』(関西テレビ放送系)の将軍役で茶の間にも知られた。若い頃は酒や女性にまつわる逸話も多く「無茶者」と呼ばれた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

笑福亭松鶴(6世)の関連キーワード丁稚奉公

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android