コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笠・傘 かさ

大辞林 第三版の解説

かさ【笠・傘】

雨雪・日光を防ぐために頭に直接かぶるもの。菅すげ・藺などで編んで作る。かぶりがさ。 《笠》 → 笠の台
と同じ目的で頭上にかざすもの。中心点から放射状に骨を出し、布地や油紙を張り、柄をつけ、折り畳みできるようにしたもの。こうもり傘・唐傘・日傘などの総称。 《傘》 「 -を差す」
の恰好かつこうをしたもの。 「電気の-」 「キノコの-」
おおい守るもののたとえ。 「権力を-にいばりちらす」 「核の-」
わんなどのふた。 「 -を取て、御めしの上をばとらず/今川大双紙」
筆のさや。筆帽。
家紋の一。をかたどったもの。
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone