笠利半島東海岸海域公園地区(読み)かさりはんとうひがしかいがんかいいきこうえんちく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

笠利半島東海岸海域公園地区
かさりはんとうひがしかいがんかいいきこうえんちく

鹿児島県南部,奄美市に属する奄美群島国立公園の海域。1974年笠利半島東海岸海中公園地区として指定。2009年法改正により,現名称に変更。面積 0.65km2。外礁によって礁湖が形成され,ミドリイシハマサンゴ,コモンサンゴなどの枝状サンゴ類や塊状ハマサンゴが多く見られる。またチョウチョウウオ,コバルトスズメダイ,ベラ,キイロハギ,テングハギなどの魚類も豊富。(→海域公園地区

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android