コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

符丁・符帳・符牒 ふちょう

大辞林 第三版の解説

ふちょう【符丁・符帳・符牒】

意味をもたせた文字や図形。記号。符号。 「荷物に-を付けておく」
仲間だけに通用する言葉や印。合言葉。 「 -を使う」
商店が商品に付ける、その店の印や値段を示す印。 「ああ、こりやあ瓦町の油屋の-だ/歌舞伎・お染久松色読販」
利益などを分配すること。また、その分け前。 「五十両や百両の目腐り金、-すると僅か宛ずつ/浄瑠璃・難波丸金鶏」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

符丁・符帳・符牒の関連キーワード目腐り金

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android