第三九世代移動通信システム(読み)ダイサンテンキュウセダイイドウツウシンシステム

デジタル大辞泉の解説

だいさんてんきゅうせだい‐いどうつうしんシステム〔ダイサンテンキウセダイ‐〕【第三・九世代移動通信システム】

第三世代携帯電話のうち、高速データ通信に特化した改良通信規格をもつもの。第三・五世代移動通信システムをさらに改良した通信規格や、第四世代移動通信システムに近いLTEなどの技術を採用するものを指す。下り方向の最大通信速度として100Mbps程度、第四世代移動通信システムへの移行が容易な通信規格であることなどが求められる。3.9G(さんてんきゅうジー)。第三・九世代携帯電話。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android