コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

第二シベリア鉄道 だいにシベリアてつどう

大辞林 第三版の解説

だいにシベリアてつどう【第二シベリア鉄道】

バム

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の第二シベリア鉄道の言及

【BAM】より

… BAMはまた,東はコムソモリスク・ナ・アムーレから鉄道で太平洋岸のソベツカヤ・ガバニ(さらにサハリンまでフェリーで連絡)に通じ,西はウスチ・クートからブラーツクを経てタイシェトでシベリア鉄道と接続しているので,シベリア鉄道よりも数百km短くヨーロッパ・ロシアと太平洋岸を結ぶことになる。シベリア鉄道の北方180~500kmを走るこの鉄道の開通により,サハリン,沿海州などの極東とヨーロッパ・ロシア間の輸送力は相当の増大が見込まれ,BAMが〈第二シベリア鉄道〉ともいわれるのはそのためである。1990年に営業運転を開始した。…

※「第二シベリア鉄道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

第二シベリア鉄道の関連キーワードコムソモリスク・ナ・アムーレシベリア抑留問題BAM鉄道飯島 実バム

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

第二シベリア鉄道の関連情報