コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

第1次南極観測隊

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

第1次南極観測隊

各国が同時に南極調査をする国際地球観測年(1957〜58年)に向け、故・永田武隊長と隊員の計53人で編成された予備観測隊。副隊長兼越冬隊長は故・西堀栄三郎氏。56年11月、初代観測船「宗谷」が東京港を出発。57年1月30日に南極・オングル島に到着し、一帯を永田隊長が「昭和基地」と命名した。越冬隊員11人を残し、2月15日に帰国の途についた。

(2006-02-02 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

第1次南極観測隊の関連キーワード犬飼 哲夫宗谷海岸伊藤洋平

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

第1次南極観測隊の関連情報