コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

第1次戦略兵器削減条約(START1)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

第1次戦略兵器削減条約(START1)

91年7月に米国とソ連(当時)が署名し、94年12月に発効。有効期間は15年。戦略核弾頭数は90年当時、それぞれ1万個以上を保持していたが、核弾頭総数を各6千個と規定。大陸間弾道ミサイル(ICBM)、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)、戦略爆撃機など戦略核の運搬手段の上限を1600とした。米ロは01年12月、削減義務を完全に履行したと発表した。

(2009-03-31 朝日新聞 朝刊 1外報)

第1次戦略兵器削減条約(START1)

米国と旧ソ連が冷戦終結後の1991年、戦略核兵器を削減する初の条約となるSTART1に署名し、94年12月に発効した。核弾頭をそれぞれ1万発以上保持していた両国は、同条約で戦略核弾頭総数を各6千発、運搬手段を1600にまで削減することになった。米オバマ政権とロシアは昨年4月、START1が失効する同年12月までに後継条約を締結すると表明していた。

(2010-03-25 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

第1次戦略兵器削減条約(START1)の関連キーワード戦略攻撃能力削減に関する条約第2次戦略兵器制限取決め第2次戦略兵器削減条約戦略兵器削減条約米ロ核軍縮交渉米国の戦略核ミニットマン

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

第1次戦略兵器削減条約(START1)の関連情報