コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

第1種低層住居専用地域

1件 の用語解説(第1種低層住居専用地域の意味・用語解説を検索)

かんたん不動産用語解説の解説

第1種低層住居専用地域

低層住宅に係る良好な住居の環境を保護するため定める地域。この地域では、住宅を中心として、兼用住宅、共同住宅、小・中・高等学校公衆浴場(個室付浴場を除く)、診療所等住宅の近隣に必要不可欠な社会文化施設や公益上必要な建築物に限り建築することができる。

出典|(株)ネクストコーポレーション
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

第1種低層住居専用地域の関連キーワード住居地域第一種中高層住居専用地域第一種低層住居専用地域第二種住居地域第二種低層住居専用地域低層住居専用地域第1種中高層住居専用地域第2種中高層住居専用地域第2種低層住居専用地域第ニ種低層住居専用地域

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

第1種低層住居専用地域の関連情報