コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

第2東名・名神高速道路 だいにとうめいめいしんこうそくどうろ

世界大百科事典 第2版の解説

だいにとうめいめいしんこうそくどうろ【第2東名・名神高速道路】

正式には第2東海自動車道(東京~名古屋会田約328km)と近畿自動車道名古屋神戸線(名古屋~神戸間約174km)よりなる約502kmの道路で,最大の動脈路である現東名・名神高速道路がその一部区間の拡幅にもかかわらず,増大する交通によって飽和しつつある現況に鑑み,1987年にその抜本的対策としてこの道路の整備が決定された。その予定ルートは東京~名古屋間ではおおむね現東名の北側,名古屋~神戸間ではおおむね現名神の南側を通る。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

第2東名・名神高速道路の関連キーワード高規格幹線道路

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android