コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

第27回全国中学校スケート・アイスホッケー大会アイスホッケー競技

1件 の用語解説(第27回全国中学校スケート・アイスホッケー大会アイスホッケー競技の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

第27回全国中学校スケート・アイスホッケー大会アイスホッケー競技

16チームが出場する。リンクは約60メートル×約30メートル。硬化ゴム製のパックを相手ゴールに入れて、合計点で勝敗を決める。全国大会の競技時間は20分間のピリオドごとに10分間の休憩をはさんで3回戦う。ゴールキーパーを含めて1チーム6人の選手が出場。ベンチ入りは12〜22人で、プレー中でも選手交代は自由。同程度の力の選手が多いほど、選手を休ませて体力の消耗を防ぐことができる。群馬ジュニアアイスホッケークラブは、全選手14人で数的には不利だ。

(2007-01-16 朝日新聞 朝刊 群馬全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

第27回全国中学校スケート・アイスホッケー大会アイスホッケー競技の関連キーワードチームプレーチームメートホームチームJリーグの入れ替えFリーグシニアサッカープリンスリーグ関東高円宮杯全日本ユース選手権大会合同チームシンクロナイズドチーム競技

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone