コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

第3の道路線

1件 の用語解説(第3の道路線の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

第3の道路線

民営化や規制緩和による競争の導入など新自由主義的な経済政策と、貧富の格差や高い失業率の解消など社会的公正の両方を目指す。ブレア労働党政権がサッチャー保守党政権以来の市場原理主義路線に対抗して採用した。

(2010-05-05 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

第3の道路線の関連キーワードアイスランド新自由主義民営化競争売買自由競争スーパー特区業界再編タクシーの規制緩和保育園と規制緩和農家民宿をめぐる規制緩和

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone