コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

第3期科学技術基本計画におけるナノテクノロジー だい3きかがくぎじゅつきほんけいかくにおけるなのてくのろじー/だいさんきかがくぎじゅつきほんけいかくにおけるなのてくのろじー

1件 の用語解説(第3期科学技術基本計画におけるナノテクノロジーの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

第3期科学技術基本計画におけるナノテクノロジー

2006年度(平成18年)から始まる第3期科学技術基本計画が策定された。「人類の英知を生む」、「国の源泉を創る」、「健康と安全を守る」という3つの理念を掲げ、「社会・国民に支持され、成果を還元する科学技術」を基本姿勢としている。ナノテクノロジー・材料分野もライフサイエンス、情報通信、環境と共に、重点4分野の1つとなった。第2期の幅広く解釈されたナノテクノロジーを、第3期では「True Nano」(不連続な進歩や大きな産業応用が見込める、ナノ領域特有の現象・特性を生かすナノテクノロジー)と定義した。この「True Nano」と革新的な材料技術によって、未普及エネルギー開発、希少資源・不足資源代替材料開発、地震や災害の防災・減災技術、先端エレクトロニクス技術開発などに挑戦する。

(岡田益男 東北大学教授 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

第3期科学技術基本計画におけるナノテクノロジーの関連キーワード甘木アーベント思春期千里の行も足下に始まる武雄百里の道も一足から年度替り予算執行調査金子卓義丸田芳郎

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone