コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笹・篠・小竹 ささ

大辞林 第三版の解説

ささ【笹・篠・小竹】

イネ科タケ亜科の植物のうち小形のものの総称。タケに比べ丈が低く、稈かんは細くて生長後も竹の子の皮が残る。全国の山地に群生し、また観賞用に庭や公園に栽植。葉は粽ちまきや和菓子を包むのに用い、茎はパルプや細工物にする。果実は食用。メダケ・ヤダケ・アズマザサ・クマザサ・ミヤコザサ・チマキザサなど種類が多い。
家紋の一。笹の葉や枝をかたどったもの。雀・雪などを添える紋もある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

笹・篠・小竹の関連キーワードパルプ細工物竹の子栽植

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android