コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笹川 良一 ササカワ リョウイチ

20世紀日本人名事典の解説

笹川 良一
ササカワ リョウイチ

昭和期の右翼運動家 日本船舶振興会会長;笹川記念保健協力財団会長;全国モーターボート競走会連合会名誉会長;福岡工業大学名誉理事長。



生年
明治32(1899)年5月4日

没年
平成7(1995)年7月18日

出生地
大阪府箕面市

学歴〔年〕
豊川村高小高等科〔大正3年〕卒

主な受賞名〔年〕
ヒューモア賞(米国)〔昭和50年〕,大韓民国勲一等修交勲章光化章〔昭和51年〕,中華民国大綬景星勲章〔昭和52年〕,ブラジル・グランクルース勲章〔昭和52年〕,パラグアイ厚生功労賞〔昭和52年〕,勲一等瑞宝章〔昭和53年〕,フィリピン大統領黄金のハート勲章〔昭和55年〕,国連平和賞〔昭和57年〕,ライナスポーリング人道主義章〔昭和58年〕,ヘレンケラー国際賞〔昭和58年〕,勲一等旭日大綬章〔昭和62年〕,ガンジー世界平和賞〔昭和62年〕,ガーナ大勲位ポルタ章〔平成1年〕,タイ白象ナイトグランドクロス章〔平成1年〕,モンゴル労働英雄紅旗章〔平成4年〕

経歴
昭和6年右翼団体・国粋大衆党を結成し活動。17年の翼賛選挙で衆院議員に当選、同年国粋同盟に改称。敗戦後A級戦犯となる。23年釈放後は全国に競艇を普及させ、26年全国モーターボート競走会連合会会長、37年日本船舶振興会会長に就任。38年世界基督教統一神霊協会の日本進出に協力し顧問、43年国際勝共連合会会長。他に各種振興財団など40以上もの団体の会長を兼ね、莫大な資産を背景にした社会奉仕・青少年育成事業を展開した。政財界への影響力から“日本のドン”“政界のフィクサー”と呼ばれた。国連平和賞(57年)ほか受賞多数。著書に「巣鴨獄中記」「この警鐘は鳴りやまず」「人類みな兄弟」「巣鴨日記」などがある。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

笹川 良一 (ささかわ りょういち)

生年月日:1899年5月4日
昭和時代;平成時代の日本船舶振興会会長;全国モーターボート競走会連合会名誉会長;福岡工業大学名誉理事長
1995年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

笹川 良一の関連キーワードブルームの日本人墓地佐藤 誠三郎笹川 鎮江佐藤誠三郎稲村 隆一近藤 信男生年月日日本財団ワクル笹川賞

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

笹川 良一の関連情報