笹神[村](読み)ささかみ

世界大百科事典 第2版の解説

ささかみ【笹神[村]】

新潟県中部,北蒲原郡の村。人口9740(1995)。越後平野東部,五頭(ごず)連峰山麓部と福島潟南方の平野部からなり,村域の約半分を水田,3割強を山林が占める農山村である。米作を中心に有機・低農薬野菜の栽培を行うが,1993年には冷風害により多大な被害が生じた。五頭連峰は県立自然公園に指定され,新潟市,新発田市方面からのレクリエーション地となっており,93年には新潟ロシア村の一部がオープンした。山麓には歴史の古い出湯(でゆ)温泉(単純泉,39~42℃),今板温泉(純食塩泉,24℃),村杉温泉(単純泉,28℃)があり,観光開発も進められている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android