コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筆す ひっす

大辞林 第三版の解説

ひっす【筆す】

( 動サ変 )
書きしるす。書きつける。 「其の奇警なる-・すべからず/日本風景論 重昂

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

筆すの関連キーワード科学技術振興機構(JST)エディトリアルライターザシダワ(扎西達娃)神楽坂ホン書き旅館ゴーストライタースピーチライター墨字訳サービスコラムニストデータマン脇本楽之軒筆を加える坂東真砂子ペンを執る日本風景論小川正太郎大道珠貴「海峡」森田誠吾熊谷達也ブリアン

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

筆すの関連情報