コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筋萎縮性側索硬化症(ALS)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

筋萎縮性側索硬化症(ALS)

1年間に10万人に1人の確率で発症するといわれる原因不明の難病筋肉が徐々に動かせなくなる一方で、脳の活動や皮膚感覚視力聴覚は健全なまま進行していく。財団法人難病情報センターによると、治療法は確立されておらず、現在は進行を遅らせる方法しか見つかっていない。

(2010-03-10 朝日新聞 朝刊 鳥取全県 1地方)

筋萎縮性側索硬化症(ALS)

身体を動かす神経が損傷し、筋肉が少しずつ縮んで力がなくなる難病。進行すると呼吸困難になり、命を落とすこともある。原因不明で、有効な治療方法はない。全国に約8千人の患者がいるとされる。理論物理学者のスティーブン・ホーキング博士や米大リーグ選手ルー・ゲーリッグらが発症したことでも知られる。

(2013-03-02 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

筋萎縮性側索硬化症(ALS)の関連キーワード筋萎縮性側索硬化症(ALS/アミトロ)運動ニューロン疾患と類似の病気ALSアイスバケツチャレンジスティーブン ホーキング吉田 玉幸(2代目)S.W. ホーキングイアン ウィルムット脊髄性進行性筋萎縮症運動ニューロン疾患ルー・ゲーリック病ルーゲーリッグ病ルーゲーリック病進行性筋萎縮症グルタミン酸三浦謹之助川口有美子折笠 美秋豊倉 康夫シャルコー篠沢秀夫

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

筋萎縮性側索硬化症(ALS)の関連情報