コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筏・桴 いかだ

大辞林 第三版の解説

いかだ【筏・桴】

木材・竹などを何本も並べ、綱などで結びつけて、水に浮かせるようにしたもの。木材の運搬のほか、舟の代用とする。 「 -に組む」
鎧の名所などころ。手首と臂ひじとの間に並び結びつけた板。
小鰻こうなぎのかば焼きを串刺しにしたもの。
料理で、細長い物をいかだ様に盛ること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

筏・桴の関連キーワード名所手首代用運搬木材