コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筏藻 いかだも

大辞林 第三版の解説

いかだも【筏藻】

緑藻類クロレラ目の淡水藻。小さな楕円形の細胞が四~八個集合して群体を形成し、平面的に筏を並べた様になる。湖沼や水たまり、土壌と広範囲に生息する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

筏藻の関連キーワードセネデスムス淡水藻楕円形土壌湖沼群体

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android