筑波大で相次いだ学内セクハラ

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

筑波大で相次いだ学内セクハラ

研究室で女子学生の胸を触ったなどとして、人間総合科学研究科の教授(53)が9月に強制わいせつ容疑で逮捕されたのに続き、生命環境科学研究科の教授(46)が女子学生2人へのセクハラを認め、11月に退職した。いずれも事件発覚直後に退職願を提出し、大学は処分できぬまま、民法規定によって2週間以内に退職扱いとした。大学は調査と処分の迅速化に向け、懲戒審査委員会の常設を決めた。

(2008-12-23 朝日新聞 朝刊 茨城全県 2地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android