コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筑紫箏・筑紫筝 つくしごと

大辞林 第三版の解説

つくしごと【筑紫箏・筑紫筝】

箏曲の流派の一。また、その使用する箏。室町末期に、筑紫楽の楽箏がくそうと明の七弦琴の音楽を源流として、久留米の善導寺の僧賢順が大成した。江戸時代以後の俗箏ぞくそうの源流となった。筑紫流箏曲。なお、俗箏をも含めて筑紫箏と呼んだ例もある。 ⇔ 楽箏俗箏

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

筑紫箏・筑紫筝の関連キーワード楽箏俗箏筑紫

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android