答〓(“火へん”に「本」)春初(読み)とうほん しゅんしょ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

答〓(“火へん”に「本」)春初 とうほん-しゅんしょ

?-? 百済(くだら)(朝鮮)の官吏。
麻田陽春(あさだの-やす)の父。663年の百済滅亡で日本に亡命したという。達率(だちそつ)の官位をもつ。兵法にすぐれ,天智(てんじ)天皇4年長門(ながと)(山口県)に朝鮮式山城をきずく。10年大山下(だいせんげ)の位をあたえられた。大友皇子賓客のひとり。姓は塔本ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android