コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

箏曲・筝曲(読み)そうきょく

大辞林 第三版の解説

そうきょく【箏曲・筝曲】

邦楽の一種目。箏による音楽。弾き歌いが本来の様式。歌のない器楽曲もあり、三味線・尺八・胡弓こきゆうとの合奏もある。室町末期に雅楽の箏を源流として筑紫箏つくしごとが発生。江戸初期の八橋検校けんぎようの改革以来、俗箏ぞくそうとして広く普及し始め、江戸中期以降は生田流・山田流が二大流派として盛行する。琴曲。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android