箔押し印刷

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

箔押し印刷

金属の薄膜を加熱圧着して紙などに転写する技術で、「ホットスタンピング」とも呼ばれる。最も使われる金属はアルミニウム。メタリック感と立体感を表現でき、絵画のほか、金券、パスポート、クレジットカードなどの印刷にも、偽造防止を兼ねてこの技術が使われる。食用可能な金属や色素を可食性フィルムに箔押し加工し、食品に張ったり、乗せたりして食品に印刷することができる。飲み物への応用も可能という。可食性貴金属には純金、純銀、プラチナなどがあり、特に純金は豪華さを演出できる。

(2013-06-24 朝日新聞 朝刊 岐阜全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android