箕売りが古箕(読み)みうりがふるみ

大辞林 第三版の解説

みうりがふるみ【箕売りが古箕】

箕を売る人が、自分は古い箕を使う。商売に熱心なあまり、自分のことがおろそかになるたとえ。また、他人のために働いて、自分のことには手がまわらないことにもいう。紺屋こうやの白袴しろばかま

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android