算師・算氏(読み)さんし

精選版 日本国語大辞典の解説

さん‐し【算師・算氏】

〘名〙
① 令制で、民部省の主計寮(かずえりょう)や主税寮(ちからりょう)に置かれて計数のことをつかさどる官人。主計寮では調、庸や諸収支のことについて、主税寮では租税についてそれぞれ計算した。定員各二人。従八位下相当の官。大宰府にも一人あった。奈良・平安時代には宮内省木工寮(もくりょう)に材木数量の計算をする役として置かれ、造宮職(ぞうぐうしき)、修理職(しゅりしき)にも置かれた。処遇は主計寮のものなどに準じた。かぞえのし。〔令義解(718)〕
② 算術の達人。算者。
※吾妻鏡‐正治二年(1200)一二月三日「吾為天下第一筭師也。雖隠形筭、寧劣龍猛菩薩之術哉」 〔隋書‐律暦志上〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android