コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

管理フロート制度 かんりフロートせいどmanaged floating exchange rate system

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

管理フロート制度
かんりフロートせいど
managed floating exchange rate system

為替レートの形成を,一方では市場における自然な需給にゆだねつつ,他方では通貨当局為替レートの乱高下やオーバーシューティングの防止を図るため為替市場に介入して相場を管理するシステム。管理変動相場制ともいう。為替レート維持のため過度の介入が行なわれる場合もあり,ダーティー・フロートともいわれている。通貨当局が完全に相場を固定してしまう固定相場制と,全く介入しないクリーン・フロート (自由変動相場制) の中間に位置する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報