コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

箱・函・筥・匣・筐・筺 はこ

大辞林 第三版の解説

はこ【箱・函・筥・匣・筐・筺】

[0] ( 名 )
物を入れておく器。多くは直方体で蓋ふたが付く。
列車の車両。 「どの-も満員だ」
三味線を入れる物。また、三味線。また、三味線を持って芸者に従って行く男や芸者をもいう。
得意にしている物事。箱入り。 → おはこ
かわやに置いて大便を受けるもの。しのはこ。また、大便。 「 -すべからず/宇治拾遺 5
挟み箱。
「箱入り娘」の略。
( 接尾 )
助数詞。
の形をしたもの、あるいは、それに入れたものを数えるのに用いる。 「みかん二ふた-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android