コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

箱根湯本[温泉] はこねゆもと

百科事典マイペディアの解説

箱根湯本[温泉]【はこねゆもと】

神奈川県箱根町の温泉。単純泉。35〜73℃。早川と須雲川の合流点にわき,古来箱根七湯の一つとされる名湯で,17世紀には4ヵ所の湯坪があった。箱根観光の基地で,小田急電鉄が通じ,箱根登山鉄道の起点。
→関連項目箱根[町]箱根

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の箱根湯本[温泉]の言及

【箱根[町]】より

…1888年に小田原馬車鉄道が開通し,ついで1900年には小田原電気鉄道(のちの箱根登山鉄道)の路面電車に発展するに及び,近代的な観光保養地として発展を遂げた。芦ノ湖をはじめとする美しい自然景観と数多くの文化遺産,箱根湯本ほか18湯の豊富な温泉に恵まれ,日本を代表する国際観光保養地として年間2100万人以上の内外観光客を集め,就業人口の9割が,サービス業を中心とした第3次産業で占められている。保養所やキャンプ場,ゴルフ場,スケート場などレクリエーション施設も数多くあり,温泉供給事業といったユニークな公営事業も行われている。…

※「箱根湯本[温泉]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android