コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

篠懸の木 すずかけのき

大辞林 第三版の解説

すずかけのき【篠懸の木】

スズカケノキ科の落葉高木。小アジア原産。街路樹や庭園樹にする。高さ10~30メートル。樹皮は大きく剝がれ幹に斑ができる。葉は大形の広卵状円形で掌状に五~七裂。春、葉腋に淡黄緑色の頭状花を三、四個ずつつけ、秋、球状に密集した痩果を下垂する。材は器具用。属名のプラタナスで呼ばれることが多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

篠懸の木の関連キーワードスズカケノキ科プラタナス街路樹頭状花樹皮痩果球状葉腋掌状属名

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android